トップ

不動産担保で起業する

不動産担保ローンを利用して起業

起業に不動産担保ローンを選択

業種にもよりますが、起業にあたっては多くの開業資金が必要にあります。それは事業に必要なものを揃えたり、オフィスや店舗を借りたり、広告活動に使ったり、販売業であれば商品の仕入など、使い道はさまざまです。けれども、数百万から数千万円単位の資金を自力で用意できる人はほとんどいません。

そのため、多くの人は何らかの形で資金を融資してもらおうと考えます。すぐに思い浮かぶのが銀行でしょう。流れとしては、必要な書類を揃えて申し込み、審査や面談を経て契約に至れば融資されます。

けれども、実績の無い起業家が銀行から融資を受けるのは、とても難しいことです。さらに女性の起業家となれば、相手にすらされない可能性もあります。もちろん審査は提出した書類に基づいて厳正に行われますが、銀行の融資担当者の多くは男性です。どうしても先入観から女性起業家を低く評価する傾向があります。

そこで「不動産担保ローン」で融資を受ける方法があります。

不動産担保ローンに必要な知識や情報サイト。

その名のとおり住宅や土地などの不動産を担保に、お金を借りられるローンです。担保があるために借りやすく、一般的なビジネスローンと比べて金利が低いのが魅力です。開業資金に必要な大きい金額の融資を受けることができます。もし、不動産を保有しているなら検討する価値はあるでしょう。

他にも女性の起業家を応援する補助金や助成金制度があります。補助金や助成金なので返済する必要がありません。主に国の厚生労働省や地方自治体が実施しており、特定の業種へのチャレンジや一定の条件を満たす事業に対して支給されます。

募集期間は非常に短く、すぐに定員に達して打ち切られるケースがほとんどです。そのため、こういった情報に詳しい社会保険労務士などの専門家とパイプを作っておいた方が確実に情報を掴めるでしょう。